フットサル「上手い」「戦術・知識がある」けど【試合に出られない選手】

Heart

今回は「上手いけど」「戦術・知識がある」けど試合に出られない選手、逆に言うと「下手」だけど試合に出続けられる選手のお話をさせていただきます。

「なんで俺は使われないんだ」「あいつが出てる意味が解らない」「あいつより俺の方が上手い」「あいつより戦術を知っている」そう思った事があると思います。

結論からお話すると、とんでもなく上手ければ試合に出続ける事は出来ます。

「上手い」けど「戦術を知ってる」けど試合に出られない選手は、「上手さ」と「知識」を勘違いしている方が多いです。

スポンサーリンク

考えを整理する。

「俺はあいつよりもテクニックがある」「俺はボールを取られない」「俺はあいつよりフットサルを知っている」「俺のやり方なら絶対上手く行く」=「試合に勝てる」ではありません。

フットサルは1人では解決できない問題が多々あります。

もしも、それが1人で解決できるなら貴方は試合に出続ける事が出来ます。

「テクニックがある」「知識」があるのは、悪い事ではなく個性として良い事です。

しかし それは、あくまでチームの一つのピースです。

チャンスを作る事もあるでしょう。しかし、ピンチを招く事もあるでしょう。

貴方が監督ならチャンス(+)とピンチ(-)=0の選手は使うでしょうか?

プラスにも働くけどマイナスに働く時もある。

プラスだけならいいが、マイナスが続いたら?

ジョーカー的な役割では出場できるかもしれませんが、コンスタントに出場出来ません。

「上手さ」と「知識」とは何か?

1人で試合を決められる選手は「上手さ」や「知識」がある選手の一人ですが、基本的には、個人の能力+仲間の能力を引きだしチームを円滑にし結果を導き出せるのが「上手さ」と「知識」です。

ん・・・よく解らないって方は、逆に下手だけど試合に出てる選手の事を考えてみましょう。

下手だけど試合に出れる選手

下手だが試合に出続けられる選手は、自分の力量を把握し以下の2点を守りチームを円滑に出来る選手が多いです。

①ボールを持ちすぎない。】

「自分は技術が低いから、ボールを持ちすぎない様にしよう」

自分の所でボールをロストしない(+)

味方がマークにつかれる前にパスをする(+)

②パスを出したら抜ける】

スペースが出来てパス回しが円滑になる(+)

上記は個人の能力低くても、ボールを持ちすぎず、抜ける事により、

パスを受けた味方がマークよりも優位(間合いや時間やスペースがある)にプレーする事が出来ます。

※パスを受けた選手の技術があれば、より一層相手より優位にプレーする事は可能です。

これが技術が無くても自分の能力+周りの能力を引き出せる選手の一例です。

問題点

これは判断の問題で、「技術」「知識」を過信している方は「選択の悪さ」「判断をするのがとても遅い」です。

【技術・対人の自信家】

抜群に上手ければ底辺から一人でドリブルしてゴールを奪えれば最高です。

出来るなら全部そうするべきでしょう。

しかし、それはとても難しいと思います。

【ボールを持ちすぎると・・・

周りもマークにつかれる→パスをして味方がとられる(通称:逃げパス)→ピンチもしくは失点

それは技術がある・対人が強いと言えません。

【理想家】

「俺だったらこう崩す!」「絶対崩れる!」

出来るなら全部そうすべきでしょう。

しかし、攻撃のセオリーがあるように、守るセオリーも存在します。

自分の理想と違う所に味方もしくは相手がいる→考えてボールを持ちすぎる→周りもマークにつかれる→パスをして味方がとられる(通称:逃げパス)→ピンチもしくは失点

それは知識があるとは言えません。

上記の選手は図で表すとこんな感じです。

これはワンデー大会や個人参加フットサルでもよく見る選手ですが、これらの選手と同等のレベルと言う事になります。

改善策

サッカーでもピッチの位置でボールを保持する法則はあります。

①自軍からセンターサークルの底辺 100%(確実に保持)

②センターサークルの底辺から相手陣地の半分 70%(保持多めのチャンスがあれば攻める)

③相手陣地の半分からゴール 50%(チャレンジと保持)

と言うようにこれがフットサルになるとサッカーよりも判断スピードが求められます。

①~②のエリアは相手の守備が整っていた場合に1発で崩せる事はほぼありません。

ここでは基本的に相手の守備が整っているので、

ボールを持ち続ける理由は無く、角度をつける以外のドリブルはいりません。

ここではボールを速く捌いて、抜けましょう。

【抜け方は下記を参考にしてください。】

フットサル【3ステップ】で上手くなる。全てのオフェンスの動きの基本。

抜ける事により相手の守備がリアクションをしてきます。

〇相手チームとしての守備のリアクション→マンツーなのか?ゾーンなのか?

〇相手個人の守備のリアクション→ついてくる間合いが近い遠い?受け渡しが曖昧なのか?

こちらが先にアクションをする事で相手守備のリアクションを見る事が出来ます。

相手守備のリアクションを見て、ゾーンディフェンスでもマンツーディフェンスでも崩しやすくなるパータンを【offense】で掲載していますので、後はこのオフェンスのパターンを当て込んで行くだけです。

パターンを当て込んでいく中で②のエリア、③のエリアに侵入しフリーでボールを貰えたり、相手がいても自分なら勝負出来そうだ!って時は強気でドリブルやシュートを狙ってください。

※「技術に自信がある選手」は自分の「テクニック」が発揮されるポイントでは積極的にゴールを目指してください。

※前進する毎に本能濃度を上げるイメージです。

まとめ

どんなに優れた技術でも、どんなに素晴らしい戦術も判断が遅ければ意味がありません。

相手の修正能力よりも早く実行する為に、まずはエリア毎で考えを整理しプレーしてみてください。

①のエリアはシンプルに②③エリアはその場の状況と自分の技量を当てはめたプレーを心がけましょう。

まずは上記から試してください。

勿論、「DFが出来る」「走れる」「止めて蹴る」「チームの雰囲気を壊さない」が出来ての話です!

その他の心の話

心を理解する。

上達するには?見落としがちな大切な事

調子が悪い時の解決方法

フットサル「戦術」「個の能力」どちらが大切?

タイトルとURLをコピーしました