フットサル【カウンター】3対2の基本 ゴールの確率がアップする!

Offense

今回は3対2のカウンターをお伝えいたします。

スポンサーリンク

3対2の基本

2対1でも3対2でも「ボールを中央に運ぶ」「DFラインを追い越す」の基本は変わりません。

真ん中で味方Aから始まった場合

両サイドのBとCはDFラインを追い越し、サイドの高い位置をとる

左サイドの味方Bから始まった場合

Bはボールを中央へ運ぶ、

AとCがDFラインを追い越し、サイドで高い位置を取りに行く

右サイドの味方Cから始まった場合

Cはボールを中央へ運ぶ

AとBはDFラインを追い越し、サイドで高い位置を取りに行く

この様にボールホルダーに対して両サイドがしっかり上がると

ボールホルダーは中央でシュートと2つのパスコースの選択肢を与える

上手く行かないケース

この3対2も含めカウンターで大切なのが、2対1でもお伝えしましたが、DFラインを追い越す人のスピードです。

2対1と3対2が練習、試合で上手く行かないチームは、ボールホルダーを信じて追い越さないチームが多いです。

また、フィニッシュの確率もボールホルダーを信じて2枚追い越した方が圧倒的に上がります。

DFラインを追い越すメリット

まず追い越すスピードについて、カウンターになった際にDFも陣形を整えなければなりません。

このDFが陣形を整える前に、DFラインを追い越すのが理想です。

※遅い=DFは陣形を整える=得点する確率は減る、もしくは逆カウンターをくらう

DFを2枚追い越すメリット

ボールホルダーに選択肢(シュート+パスコース2か所)を与えると上記でのお話しましたが、第2のメリットは

・ダイレクトプレーをしやすい=早い攻撃が出来る

・ファー詰めで得点の確率が上がる

以上が3対2のカウンターの説明になります。

余談

以前もお話しましたが、カウンターはスピードが大切です。

まずはDFラインを追い越してみてください。

追い越しても上手く行かない場合は、ボールホルダーの判断が悪くてカットされるシーンが多くあります。

・DFを引き付けてかわすのも技術

・DFにパスコースを切られる前にパスを選択するのも技術

まずは、自分の力量を把握してみてください。

ワンポイントアドバイス

ファー詰めはゴールから横2m×2mにポジショニングすると決めやすいです。

ファーに入りすぎると…

うしろにパスを出された時に修正しにくい。

ゴール横2m×2mにポジショニングすれば、自分の前でボールを処理できる。

ゴールギリギリのシュートパスもスライディングで合わせやすい。

タイトルとURLをコピーしました