フットサル【3対3の練習】コースを限定して数的同数を作ろう

Practice

今回はフットサルのディフェンスでコースを限定して数的同数を作る3対3の練習をお知らせいたします。

このコースを限定して数的同数を作りDFの優位性を高める事は「ゾーン」「マンツーマン」「ミックス」「前プレ」全てのDFにおいて絶対必要条件ですので是非練習に取り入れてみてください。

スポンサーリンク

ルール

①コート内に2人、サイドに1人配置します。

②サイドの選手は相手のエンドラインからハーフエラインまで自由に動ける

③サイドの選手はコート内に入れない。※パスを受ければコートに入れる

④コート内の選手はサイドの選手にパスをしたら、サイドの選手と交代する。

⑤ボールがコートから出た場合はGKもしくはサバーからピッチ内の選手にボールを供給

※キックイン、コーナーキック無し

意識する事

この練習はディフェンスが数的不利で守り、オフェンスが数的優位で攻められる練習になります。

オフェンスは「優位性」を意識しましょう。

ここで言う「優位性」はシンプルにフリー(サイド)の選手を使う事を意識しましょう。

またフリーの選手を使う事も一つですが、例えば自分の味方にドリブルが上手い選手がいて、そちらを使うのも「優位性」の一つですので、味方や相手の状況を見て判断してください。

オフェンスはDFラインを越えるシーンを覚えましょう。

この練習ではサイドの選手がボールをもらった時点でDFラインを越えているシーンが多くあります。

ゴールの可能性を上げる為に、その他の選手はフリー(サイド)の選手にボールが当たると思ったらファーに走り出しましょう。

このディフェンスラインを越えるシーンを覚える事により「ファー詰め」と言う項目を増やし、ゴールの確率を上げる事が出来ます。

ディフェンスはオフェンスの上記の項目を起こさない為に、フリー(サイド)の選手のパスコースを切り数的同数を作りましょう。

また以前の2対2の練習でもお話しましたが、コースを切ったらボールホルダーに寄せましょう。

ボールホルダーに寄せコースを限定する事により数的同数から「数的優位」になり2ndDFがカバーリングやインターセプトがしやすくなります。

まずはこの「数的同数」を作りプレスをかけDFの「優位性」を高める感覚を養えるように練習で試してみてください。

3対3の練習

フットサル【3対3の練習】ゾーンディフェンスで逆アラ絞りを意識した練習

フットサル【3対3の練習】マンツーマンディフェンスにおけるDFラインの形成を意識した練習

フットサル【3対3の練習】たった4項目で前プレ イプシロンが上手くいく!

タイトルとURLをコピーしました