フットサル【カウンターの練習】3対2 カウンターの土台を形成しよう その1

Practice

本日はフットサルの得点項目の中で最も高いカウンターの練習をお伝えいたします。

前回は2対1のカウンターをお伝えしましたが、今回は試合の中でも多い3対2のカウンター練習です。

まずは練習をする前に3対2のカウンターの形を覚えましょう。

【カウンター3対2は以下をご覧ください。】

フットサル【カウンター】3対2の基本 ゴールの確率がアップする!

フットサル カウンター【3対2改】守備の陣形が整っていた場合!

フットサル守備【数的不利のDF】 2対3 この形で守備力アップ

スポンサーリンク

練習方法

①オフェンスはハーフエラインに3人セットする

 ディフェンスは第2PKに2人セットする

②GK(またはサーバー)のスローもしくはキックでオフェンスにパス

③パスを受けたら3対2スタート

④オフェンスは「シュートを撃った人」と「その前に触ったオフェンス」の2人がディフェンスになる

※シュートで終わらなくても、オフェンスは最後に触った人と、その前に触ったオフェンスがディフェンスになる。

コツ

オフェンスは以前のカウンター2対1でも書きましたが、大切なのは「得点をとる」事です。

しかし、この項目が先行し過ぎてカウンターの「スピード」が落ち結局「得点を奪えない」現象に陥るのがよくはありません。

まずは「やり切る」事を前提に攻める「スピード」を大切にしてください。

ディフェンスは、しっかり対応方法を覚えて試合で試してみてください。

フットサル守備【数的不利のDF】 2対3 この形で守備力アップ

慣れてきたら「ディフェンスの2人はGK(またはサーバー)からスタートするパスをカットしたら攻めてOK」や「決められたもう一回ディフェンス」等アレンジしてみてください。

カウンター3対2の練習

フットサル【カウンターの練習】3対2 カウンターの土台を形成しよう その2

フットサル【カウンターの練習】3対2流れの中で判断しよう その3

フットサル【カウンターの練習】3対2流れの中で判断しよう その4

タイトルとURLをコピーしました