フットサルディフェンス【マークの受け渡しが綺麗に出来る】たった2つの条件

Defense

今回はフットサルのディフェンス時のマークの受け渡し方について説明させていただきます。

このお話は以前もお伝えいした「ミックスディフェンス」の基礎になります。

このマークを受け渡す事によってDFラインの頂点を保つ事が出来、相手に圧をかけやすくなります。

上記の様にDFラインを保てるなら保てた方が良いですが、

逆に受け渡しが曖昧になるとピンチになりやすいです。

曖昧が一番よくないのでチームによって以下の条件を設けていると思います。

①「マンツーマンディフェンスにしよう!」

②「ゾーンディフェンスにしよう!」

③「ラインを設定する」→例えばハーフから

④「後ろからしっかり声をかける」→「マークもらうよ!」

これ全部正解です。

しかし、これが条件1と2ではありません。

では、実際にマークを綺麗に受け渡せる時の条件って何だろう?

スポンサーリンク

条件1

試合中に貴方が綺麗にマークを受けた時の事を思い出してみましょう。

貴方はしっかりと絞っている時がマークを受け取れているはずです。

これはボールラインよりも下がり、しっかり「準備」が出来ているから「絞れる」

絞れているから前の風景を把握でき「指示が出せる※声をかけられる」から受け取れる条件を整える事が出来ます。

イプシロンはこれの応用になります。

条件1は「準備」をする事からです!

この「準備」さえ出来ていれば、ライン設定をする必要は無く綺麗に受け渡しを行う事が出来ます。

では、「準備」って具体的に何?

この準備にも項目が存在します。

「準備」をするには「攻撃から守備への切り替え」です。

「切り替え」たら「ボールの位置を確認」しましょう。

ボールが近いのか?遠いサイドにあるのか?

「近ければアタック」

「遠ければ絞る」となり「絞れば」カバーリングもマークを受け渡せる準備を行う事が出来ます。

条件2

ハマるまでマンツーマンディフェンス」「ハマったらゾーンディフェンス」の言葉を覚えておきましょう!

以前にお伝えした「ディフェンスの基礎」や「ミックスディフェンス」で、

1stDFがボールホルダーとの距離が遠いと相手に選択肢を多く与えてしまい、

その他のDFはカバーリングし辛く後手になりがちです。

これはマンツーマンでついて行きましょう。

しかし、相手のプレーエリアを狭める事が出来れば、マンツーマンでついて行く必要が無く、

これはDFラインを保つ事が出来ます。

これはゾーンに切り替えましょう。

条件2は上記の様に「ハマったらゾーンに切り替えてマークを受け渡す」です。

この2つの条件を意識すれば「ライン設定」や「声掛け」をしなくても、

「どこからでも」「どのタイミングでも」受け渡しを行え、

DFラインを保ちやすくなりますので、是非試してみてください。

余談

上記の二つの条件を考えずに意識する方法があります。

それはマンツーマンディフェンスミックスディフェンスで説明した

ディフェンスの3ラインの構築」になります。

どこにボールがあっても、しっかり1stDFが寄せる、2ndDFがカバーする、3rdDFが余ったスペースをカバーする。

このディフェンスの3ラインを構築しようとすれば、

構築しようと準備し→準備すれば前の風景を把握出来→把握できるから受け渡しの判断出来るので、

意識して練習してみてください。

タイトルとURLをコピーしました