フットサル戦術【ヘドンド】スペースを活かしあう旋回のシュート 練習 その1

offense

今回はフットサル戦術 ヘドンド※旋回の練習方法をお伝えいたします。

スポンサーリンク

ヘドンド※旋回とは?

ヘドンドはポルトガル語で日本語の「回る」や「旋回」にあたる言葉です。

その名と通り、フィールドプレーヤー4人がコート内を回りお互いにスペースを作り、それを使いディフェンスのずれを生み出し攻めるチーム戦術です。

練習方法

解りやすく右サイドのみのシュート練習の解説となります。

以前お伝えしたエントラからの1(ウンドイス),2(ジャゴナウ),3(パラレラ),これを応用しサイドで使います。

※慣れる前は解り易いように番号「1(ウンドイス),2(ジャゴナウ),3(パラレラ)」などを言って始めてみましょう。

エントラの応用

相手の背後を取り中央のスペースを使う「エントラ」の動きを応用します。

番号を言わず裏のスペースへランニングしパスを受けてシュート。

1 ウンドイスの応用

相手の背後を取ろうとしDFがついてきたら、「ウンドイス」の動きを応用します。

裏のスペースを使えない時=相手がついてきている時です。

「1」と言って裏のスペースが使えないと想定しランニングの途中で止まり、パスをもらってシュート。

※カットインしてシュートも可

※DFをつけて練習をした際にこれが「フェイク」になりますので、是非DFの行動を見てください。

2 ジャゴナウの応用

「ウンドイス」の応用がダメな時は、DFが自分の内側からタイトに来ている時なので「ジャゴナウ」の動きを応用します。

小さくジャゴナウをしてシュート。

※カットインしてシュートも可

3 パラレラの応用

「ジャゴナウ」がダメな時はDFが自分について来ている時なので「パラレラ」の動きを応用します。

中にランニングをしてシュート

余談

この様にエントラからの1(ウンドイス),2(ジャゴナウ),3(パラレラ)の動きはサイドでも使えます。

この動きがヘドンド※旋回の右サイドの基本的な動きになるので、まずはサイドでの動きの基本を覚え、慣れてきたら1対1の練習でお伝えしたDFをつけて実践してみてください。

スペースを活かしあうヘドンド(旋回)のシュート 練習

フットサル戦術【ヘドンド】スペースを活かしあう旋回のシュート 練習 その2

フットサル戦術【ヘドンド】スペースを活かしあう旋回のシュート 練習 その3

フットサル戦術【ヘドンド】スペースを活かしあう旋回のシュート 練習 その4

タイトルとURLをコピーしました