フットサル サイドでの【ミスディレクション】 サイドでも出来る遊びのパス

Basic

今回はサイドでのミスディレクション(遊びのパス)をお伝えいたします。

スポンサーリンク

こんな方にお勧め

底でボールを持って上手く流れが作れない、ハメられてしまう。

そんな方はミスディレクション(遊びのパス)を覚えましょう。

ミスディレクションとは?

浅くいる味方にパスを出すのがミスディレクションになります。

「え!?それだけ!?」

実際それだけのプレーですが、このプレーは実はかなり重要で意識すると相手よりも優位に立つ可能性が上がります。

効果

サイドでのミスディレクションの効果

①パスをもらった人が攻撃のスイッチ(ドリブル、シュート等の前へ選択肢)を入れられればOK

相手のプレスなどで攻撃のスイッチが入れられなくも↓

②パスを出した人のマークがボールウォッチャーになっていたらエントラをして攻撃のスイッチを入れられる

エントラを恐れて、自分のマークがしっかり閉めてきた場合は↓

③弱まったプレスでボールがもらえる

ここで相手DF(逆アラとフィクソ)縛っていたら↓

④-1 OF CがOF Bにパス(アラアラ飛ばし)

④-2 OF Aへのリターンパスをダイレクトパスで逆サイドのアラにパス

上記をすると、逆サイドのアラがフリーでボールがもらえて、違う展開が生まれる。

余談

前回も今回もたった一本の浅い縦パスかもしれませんが、この原理を知る事によって相手よりも優位に立つ事が出来、ハメられてしまっていた攻撃にも流動性が生まれます。

これが出来る、出来ないでは大きな差が生まれます。

知っているがハメられてしまう方は、まず自分の力量を受け入れましょう。

前回もお伝えしましたが、この判断が遅いと結局ハメられてしまいます。

※DFを「引き付ける」のと「追い込まれてから」のパスは意味合いが違います。自分もフリーで味方もフリーな時に選択しましょう。

奥が深いですが簡単なプレーですので是非試してみてください。

【前回の記事】

ミスディレクション 遊びのパスで相手よりも優位に立とう


タイトルとURLをコピーしました