フットサル守備 【前プレ】前から行くディフェンス※前プレのコツ 基礎を押さえれば前で奪える

Defense

今回は前からディフェンスに行く前プレ(前からプレスの略)をお伝えします。

スポンサーリンク

DFラインの高さ

前からプレスに行こうとして、DFラインを上げ過ぎてしまうと、簡単に前に投げられる、もしくは相手ピヴォに入れられてしまいます。

ここで「DFの3ライン」のお話です。

DFラインを高くしてボールが奪えればOKですが、

DFラインが高く「投げられてしまう」「相手ピヴォに収まってしまう」と、DF 1stライン、2nd ラインが簡単に突破されているのと一緒になります。

DFラインの設定は相手陣地の第2PKラインを目安にしてみましょう。

もし投げてきて相手ピヴォに入れられても、DFの陣形がコンパクトなので1st DF、2nd DFがヘルプに行きやすい。

相手に投げても効率的じゃないと思わせ、下から繋いでくれればOKです。

前プレのコツ

相手が下から繋いで来たら、

・1st DFは縦切りで素早く寄せる。

・1st DFは縦、斜めのパスを出させない

※横パスはOK

・2nd DFは横パスを積極的に狙う!

・逆アラはしっかり絞る!

DFの基本でもお話しましたが、1st DFが相手の胸を触りに行く絞れたコースを2nd DFが狙うのが基本です。

なぜ縦切り?

なぜ縦切りなの?中切りじゃダメなの?

チームで統一されているのならば、中切りも正解です。

最初はオーソドックスな縦切りから行ってみましょう。

中から切って行くと、縦に当てやすい=1st DFと2nd DFが突破される。

この縦パスが深ければ、深いほど1st DFと2nd DFはヘルプに行きにくくなるので、ピンチの確率が上がってしまいます。

しっかり縦切りしましょう。

門に注意

縦切りをすると今度はDFとDFの間の門に注意してください。

人につき過ぎてしまうと、DFとDFの間に大きな門が出来ます。

ここで門の間にパスを入れられると、前からボールを奪える可能性が減ります。

ここで、ミックスDFの「ハメに行くマンツーマン、ハマったらゾーン」を思い出してみましょう。

1st DFは相手を触りいき、相手のプレーエリアを限定する。

限定出来れば、2nd DFはある程度マークにつく必要が無いので、カバーとインターセプト狙える=必然的にDFとDFの門は狭くなる。

相手が横パスを選択したら、インターセプト

門が狭くなれば、DF Aもインターセプトしやすい

フィクソはインターセプトを狙え

フィクソは積極的にインターセプトを狙いましょう。

インターセプトを狙っていれば、その他もカバーも出来ます。

余談

DFの約束事の1つとして「逆アラ絞り」※逆のアラが絞るがあります。

これをしっかり行えば、勝手にイプシロン※Y字のDFになります。

この約束事をしていれば、

万が一、投げられても逆アラはフィクソと距離が近いのでヘルプに行ける。

「でも、最初からイプシロンになればいいんじゃない?」

その考え間違ってはいません。

しかし、以前にもお話しましたが、最初からイプシロンだと知っているチームは崩してきます。

まとめ

OF、DFともに約束事をサボらずしっかり実行すれば、その形になります。

今回の例で言うと、前からのDFでも約束事をすれば勝手にイプシロン※Y字になります。

Y字をわかりやすいようにイプシロンと名付けて、形で覚えさせても「なぜY字になるのか?」元を理解していないと崩されます。

必ず教えたモノには意味があり、それを理解すれば必ず応用出来ます。

頑張って行きましょう。

タイトルとURLをコピーしました