フットサルのシュート練習 【全ての動きの基礎】を習得しよう!

offense

今回はフットサルの全ての動きの基礎であるoffense①「3ステップで上手くなる、全ての動きの基本」のシュート練習 第1弾を紹介いたします。

スポンサーリンク

練習方法

3か所に配置し、中央からスタート。

※3人いる場合は左右交互に行ってください。

※2人で行う事も可能。

パスを出す人が以下の番号を言ってスタート。

0 エントラ

何も言わないでパスを出した時は「エントラ」でシュート

1 ウンドイス

「1※イチ」と言ったら「ウンドイス」※ワンツーでシュート

2 ジャゴナウ

「2※ニ」と言ったら「ジャゴナウ」でシュート

3 パラレラ

「3※サン」と言ったらパラレラでシュート

練習の主な流れの

「よっしゃ!123やるぞ!」といきなりやっても理解するのは難しいので、順を追って徐々に習得していきましょう。

例:1 理解をさせる為に1つ1つのシュート練習

「エントラ」だけでシュートを2分

「ウンドイス」だけでシュート2分

「ジャゴナウ」だけでシュート2分

「パラレラ」だけでシュート2分

例:2

大まかな動き方を理解したら、例:1を除いて番号を言ってスタート 等

意識する事

パスを出してランニングする人

パスを出した人はDFの背後のスペースにランニングする。

DFの背後を通る意味

①DFの行動が見やすい。

※DFが自分についてくるのか?ついて来ないのか?

②DFが自分とボールを同一視野に入れにくくなる。

※1 ボールだけ見ていれば、フリーで動ける。

※2 DFがボールと自分を同一視野に入れるとDFラインが下がり、パスを受けた人にスペースを与える事が出来る。

パスを受けた人

パスを受けた人はまずドリブルを意識してください。

ドリブルを意識する意味

①実際の試合ならドリブルで突破が出来ればエントラからの1,2,3は必要ない。

※ここでドリブルを意識させないとドリブルが得意な人は、その長所を失ってしまいます。突破出来るなら戦術に囚われず存分に突破してください。

②ドリブルでDFが縦突破を意識し、縦に反応したら少しラインが下がる。

 ※ラインが少し下がれば、中にランニングした人にパスしやすい。

③中にランニングする人の判断する時間を作れる。

上記の①、②をするにはボールを少し保持する形になります。

保持すると言う事は「時間」が生まれます。

「時間」が生まれればランニングする人は「エントラ」「ウンドイス」「ジャゴナウ」「パラレラ」何を選択した方が良いのか考える時間を作ることが出来る。

是非、練習で試してみてください。

全ての動きの基礎のシュート練習

フットサルのシュート練習 【全ての動きの基礎】を習得しよう!その2

フットサルのシュート練習 【全ての動きの基礎】を習得しよう!その3

タイトルとURLをコピーしました