フットサル【ファー詰め】ファー詰めを起こすコツその②

Beginner

今回はフットサルで最大の得点項目であるファー詰めその2についてお伝えいたします。

ファー詰めの得点が少ないチームは参考にしていただけると幸いです。

前回の説明で「ファーにポジショニングする人」と「ファーにシュートパスを送る人」高い位置に最低2人の構図が解りました。

スポンサーリンク

最初から2枚高い位置にいたらダメなの?

フットサル戦術【アラの駆け引き!】この動きがヘドンドに繋がる!でもお話しましたが、

最初から使いたいスペースには入らない。

勿論、前の二人の破壊力が高ければ前に2枚配置でもOKです。

しかし、最初から高い位置に2枚いるとDFは待ち構えてDFする事が出来ますので、

自分からスペースを消している+DFの視野に入った状態になり、

DFは対応しやすく強引なファー詰めを起こす事は出来ますが、可能性は高くありません。

ファー詰めって「あっ!?」とした瞬間にやられると思いますが、

その「あ!?」を起こしやすくするカラクリを説明します。

システムに置き換える

今までの話をシステムに置き換えてお話します。

よく裏で「3枚作れ!」の3-1システムや4-0システムは何であるのか理解しましょう。

これは相手を引き付けて裏のスペース狙う+ピヴォ当てをする際やサイドにボールがある場合は

DFがボールウォッチャーになりやすく、フリーで動きやすくなる目的があります。

これが「あ!?」とした瞬間にファー詰めをやられるカラクリの一つになります。

3-1の場合

ピヴォに収まりそうな時

DFがボールウォッチャーならフリーで動ける

アラ(特に仕掛けられる人や仕掛けられるタイミングの時)にボールが渡る時

DFがボールウォッチャーならフリーで動ける

4-0の場合

アラ(特に仕掛けられる人や仕掛けられるタイミングの時)にボールが渡る時

DFがボールウォッチャーならフリーで動ける。

上記の様に「ファーにポジショニングする人」と「ファーにシュートパスを送る人」高い位置に最低2人の構図を作る事が出来ます。

これは以前お話したミスディレクションの応用になります。

まとめ

「上記の説明って結局コツ1の話しと一緒ですよね?」

そうです!システムが少し明確されているだけで、やっている事は変わりません。

まずはシンプルにコツ1を行い、ファーに入る感覚を養ってください。

崩し方とかを知らなくてもファー詰めで得点を奪う事が出来ます。

ファー詰めのポジショニングのコツは以前お伝えした

フットサル【カウンター】3対2の基本 ゴールの確率がアップする!に書いてあるので探してみてください。

コツ1でファーに入る効果と大切さを覚え、コツ2のシステムを理解する事で、

「この状況になったら味方が仕掛けられる」

「この状況なら縦パスが入る」

「この状況になったら相手はこうなりやすい※相手の視野や行動」の攻撃のイメージを持つ事で、

ファー詰めを効率化しゴールの可能性をより上げる事が出来ますので、是非試してみてください。

その他

フットサル【ファー詰め】ファー詰めを起こすコツその①

タイトルとURLをコピーしました