フットサル戦術 【ウンドイス(ワンツー)】高い位置に入りすぎない!

Basic

今回はウンドイス(ワンツー)について説明いたします。

ウンドイスとは?

スポンサーリンク

ウンドイス

サッカーをしていた人なら難しく考えなくても大丈夫です。

ウンドイス=ワンツーです。

抜け方

縦抜け

パスを出したところから3m程度進んでストップし、ウンドイス。

横抜け

パスを出し、平行に寄り、ウンドイス。

逆抜け

パスを出した方向と逆に3m程度進み、そこから方向転換し、ウンドイス

注意点

抜けるスピード

「縦抜け」「横抜け」「逆抜け」でパスを出した後は、ゆっくりランニングしてください。

最初からスピードを上げると、「周り状況を確認しにくい」「キャンセル出来ない」「コースを読まれるやすくなる」と自分のプレーを難しくしてしまいます。

コツ

よくあるのが「高い位置をとらなきゃ!」と思う気持ちが先行し、ボールホルダーと鋭角になってします。

鋭角になりすぎると、ボールホルダーはパスを出しずらい。

ウンドイスしても自分のメークが、ケアしやすくなる。

相手のDFがマンツーマンの場合

相手のDFがゾーンの場合

ここでは、味方と平行ぐらいを意識してサポートに入ってみましょう。

ウンドイス是非試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました