フットサル戦術【イプシロン】世界一わかりやすいイプシロンの説明!

Defense

今回はフットサルのディフェンス戦術「イプシロン」をお伝えいたします。

スポンサーリンク

イプシロンとは?

イプシロンとは「Y字型」のディフェンスになる事から「Y※イプシロン」と名付けられています。

陣形

DF AとDF BがDFの1stラインになり、DF Cが2ndライン、DF Dが3rdラインになりY字の形を作ります。

守り方

解りやすいように相手側が全て右利きと仮定してお話をします。

【1stラインの役割】

①DF Aは右のパスコースを切りながら、OF Aのボールを奪いに行く。

②OF AがOF Bにパスをした瞬間に、DF Bは縦を切りボールを奪いに行く。

③DF AはOF Cの横のパスコースを切り、DF Bとボールを奪いに行く。

これが1stラインの大まかな守り方になります。

【2ndラインの役割】

2ndDFは1stラインのプレスの掛かり具合で以下を判断する

ケース①「DF AとDF Bの間のスペース」

DF Bが縦のコースを切り、DF Aが横のコースを切って寄せた場合

斜めのロングパスは無いので、DF AとDF Bの間のパスをケアする。

ケース②「斜めのロングパス」

DF Bが縦のコースを切り、DF Aがブロックを作って守った場合

DF AとDF Bの間のパスが無いので、斜めロングパスをケアする。

【3rdラインの役割】

1st、2ndラインを操りコースを絞り、残りのコースをケアする。

例えば、1stが縦にいるピヴォのコースを消してくれたら、斜めのロングボールに備える。

斜めのロングに備える事が出来れば、2nd DFに対して間に入ってくる選手に対して強くプレスをかけさせる。

コツ

①切っているコースに展開された場合

そのままDF AとDF Bはスライドする

②OF AもしくはOF Bが空いているスペースにランニングした場合

これをDF Aが付いて行くと、1stラインの圧が下がりイプシトンの効果が無くなります。

これはDF Cが対応する。

③浅い位置の間(DF AとDF B)に入ってきた相手にパスを出された場合

DF Aがボールを相手の死角から奪いに行きましょう。

上記の3つを行うだけで前線のディフェンスラインとプレス強度を保つ事が出来ますので、是非試してみてください。

余談

イプシロンは上記の様に受け渡しありのゾーンディフェンスになります。

前線からのプレス(前プレ)をイメージされる方が多いと思いますが、実はハーフからでも用いられ事もあります。

「えっ!?そうなの!?」と思った方、

イプシロンはディフェンスの約束事を守っていれば勝手に起こっている現象です。

「何でそうなっているのか?」には必ず理由があり、全てにおいて繋がっていますので、

まずはしっかり他の記事も読んでディフェンスを1から理解しましょう。

その他

フットサル【2対2の練習】これが出来れば前プレが出来る!前から行くディフェンス(前プレ)の練習

フットサル【3対3の練習】たった4項目で前プレ イプシロンが上手くいく!

フットサル戦術【イプシロンの攻略方法】たった2つの項目でうまく行く!

タイトルとURLをコピーしました