【フットサル戦術】3つの動きで上手くなる「フットサルすべての動きの基礎」

今回はフットサルの戦術において最も基礎的で、とても大切な動き方を説明します。

フットサルを始めたばかりの方や、サッカーはしているがフットサルチームに勝てないチームは、今回の動きを参考にしてみてください。

また、この基礎的な動きは「フットサルオフェンス戦術の始祖」とも言われ、
今後説明する様々な戦術に発展する大切な動き方ですので、是非取り入れてみてください。

【フットサル戦術】競技の特性を理解しよう。

フットサルの競技特性の説明をします。

攻撃の際にFIXO(後ろの選手)で「ボールを持ちすぎる」「パスを出して抜けない」とDFに狙われチーム全体的にハマりやすくなります。

これがフットサルのオフェンスの第1関門と言っても過言ではないです。
サッカーチームがフットサルチームに勝てないのは、まずここにあります。

では、どうしたら良いでしょう?

簡単にお話すると「ボールを捌いたら抜けましょう!」
「でも...どこに動いたら良いの?」
今回はそんな疑問にお答えいたします。
※この動きを取り入れるだけでチームが激変します。

フットサルの最も基本的な動き方(0・エントラ)

フットサルにはエントラ(エントラリーニャ)と言う動きがあります。

この動き方はフットサルにおいて最も基本的な動きですが、
この「動き」・「目的」があるからこそ、様々な戦術に繋がる大切な動きなので、まずはエントラ覚えましょう。

エントラを簡単に説明するので、味方PIVO※ピヴォ(前の選手)は除きます。

PIVOを除くと自分の前のスペースに中央のゾーンと外のゾーンがあります。

自分がボールをもらった時にシュートが入りやすいゾーンは中と外どちらでしょう?

普通、中の人が多いと思います。

それじゃパスを出したら中のゾーン目指してランしてください。

これがエントラ(エントラリーニャ)と言われるフットサルオフェンスの戦術においてベースとなる動きで、今から説明する3つの動きに繋がっていきます。

【フットサル戦術】1つ目の動き(1・ウンドイス※ワンツー)

エントラわかりました!」
「よしやってみよう!」

しかし、自分のマークがついてきたら!?

相手も中のスペースを使わせたくないので、ついてくる時もあるでしょう。

でも焦らなくて大丈夫です。

中のスペースが無くなったら、外のスペースが空きます。

ここではウンドイス※ワンツーを選択しましょう。

これが1つ目の動きウンドイスです。

【フットサル戦術】2つ目の動き(2・ジャゴナウ)

エントラウンドイスを手にしたので、やってみましょう。

しかし、自分のマークがウンドイスを警戒して中を切ってきたら?

そんな時はもう一つの外のスペースを目指しましょう。

これが2つ目の動きジャゴナウです。

【フットサル戦術】3つ目の動き(3・パラレラ)

エントラウンドイスジャゴナウを手にしたので、やってみましょう。

しかし、自分のマークがジャゴを警戒してついてきたら?

これも、簡単です。

空いている違う外のスペースにランしましょう。

※勿論 動いている途中で中のスペースも使いエントラウンドイスでも大丈夫です。

これが3つ目の動きパラレラです。

【フットサル戦術】エントラから3つの動きを合わせる

エントラを狙って、相手がついてくる。
だからワンツー!※0から1の動き

 ワンツーを狙って、相手が中切。
だからジャゴ!※1から2の動き

ジャゴを狙って、相手がついてくる。
逆サイドが空くのでパラ!※2から3の動き

基本、この1,2,3の順番で動けばOKです!

ポイント

エントラ(0)、ワンツー(1)、ジャゴ(2)、パラ(3)の最初の動きだしは全て一緒で、さらに、上の図の様に1、2、3の組み合わせは自由です。

0から、1、2、3の動きだしが一緒と言う事は、相手DFはこっちが何をしてくるのかわからず、相手より優位に立つ可能性が上がります。

PIVOがいる場合

今度は少し試合を想定して、味方PIVOを置いてみましょう。

PIVOがどちらか外のサイドにいる場合。

どこのスペースが空いているでしょう?

「OK!何となく理解出来ました!」

では、今度は味方Cにパスを出した場合は??

これも一緒ですね。どこのスペースが空いているでしょう?

補足※ピヴォの位置

「上の説明だとPIVOがサイドに流れてない?」

真ん中じゃなくて良いの?

真ん中で張れる強靭なピヴォがいるなら、真ん中にいても構いません。

逆に張れないピヴォは真ん中にいるよりは、縦に起点を作り、味方の為に中のスペースを作ってあげよう。

この様に、一つの動きから様々な攻撃に発展する事が出来るので、
是非エントラ(0)からのウンドイス(1)、ジャゴナウ(2)、パラレラ(3)取り入れてみてください。